日焼け止めサプリランキング@注目度No.1はこれ

日焼け止めサプリランキング@注目度No.1はこれ

子供の日焼けのケア方法

 

日焼け止めをせずに子供が遊びに出かけて、夕方帰ってきたら日焼けで真っ赤になってしまっていたなんてことはありませんでしたか?すぐに日焼けしている部分を冷やして、これから病院に連れて行ったほうがいいのか迷ったりしたことがある親御さんもいるのではないでしょうか?子供が日焼けしていることに気づいて、すぐに正しい方法でケアをすれば、病院に連れて行かなくても大丈夫だということがほとんどです。ここでは子供が日焼けしてしまった場合のケアの方法をご紹介していきたいと思います。

 

日焼けというのは、そのままにしているとだんだん炎症がひどくなっていって、場合によっては水ぶくれが破裂して、そこに雑菌が入り込んで化膿してしまうということもあります。ですので、正しい方法ですぐにでもケアをしてあげることが大切なのです。なので子供の肌が火照っていると思ったらすぐにでも処置をしてあげて、炎症がひどくならないようにすることが大切なのです。

 

日焼けをしてしまった肌にまずしなくてはならないことは、肌を冷やすこととしっかり保湿をすることです。肌が赤く日焼けしてしまっているということは、火傷をしているのと同じですので最初にしっかり冷やしておくことが大切です。氷水を洗面器の中に入れて、タオルに吸い込ませて日焼けしている部分をしっかりクールダウンしましょう。ちょっと置いただけでも、肌の熱は解消されたように思えるかもしれません。しかし、肌の奥でまだ熱が存在している状態ですので、10分から30分は患部を冷やすようにしてください。そして、熱によって肌の奥にある水分が蒸発してしまっている状態になっていますから、しっかり冷やした後は保湿をしていくようにしましょう。

 

その保湿をするためのアイテムとして保湿クリームが代表的ですが、日焼けしてしまっている肌というのは非常に繊細で敏感になってしまっています。ですので、赤ちゃんに使用することができるものでも、塗った時に痛みを感じたりしてしまうということも結構あります。

 

日焼けしてしまったらどう対処をするべき?

 

もしもサンバーンによって肌が赤く炎症を引き起こしてしまったのであれば、肌が日差しによってやけどをしてしまったということになります。しかし、だからといって皮膚科で治療を受けようという決断をする人はほとんどいないのではないでしょうか?病院で治療を受けないのであれば、少しでも早く自分でケアをするようにしましょう。

 

やけどと同じような状態になっているのですから、少しでも炎症を抑制するために日焼けをしてしまった箇所をしっかり冷やすようにしてください。ビニール袋の中に氷を投入したり、水をある程度絞って患部を冷やすようにしましょう。どれくらい冷やしておかなくてはならないのかは、その人に肌質や日焼け具合によっても違っているのですが、基本的に痛みがなくなるまではしっかり患部を冷やすようにしてください。

 

そして、熱を取り除いたら、次は保湿をしたり水分を肌に浸透させることも忘れてはいけません。化粧水をしっかり肌に浸透させて保水をしたあとは、クリームなどを使って水分が蒸発をしないように対策をします。10分位コットン化粧水を浸透させて、日焼けしてしまった肌に貼り付けるようにするだけでも、回復はかなり早くなりますし、痛みも和らぎます。

 

日焼けが落ち着いてくると、古い角質は剥がれていきます。見栄えが悪いから、自分で剥がしてしまうという人もいるのですが、余計に炎症が悪化してしまう可能性もありますのでしないようにしてください。

 

日焼けによって生じたシミは治すのが難しい?

 

通常の場合、ちゃんと肌で新陳代謝が行われているのであれば、肌の中にずっとメラニン色素が残ってしまうということはありません。だんだん表皮へと押し上げられていき、最後は垢として体の外に排出されたり、肌内部で分解されて老廃物と一緒に排出される仕組みになっています。しかし、正常にメラニン色素を排出させることができなくなってしまうと、周りの肌細胞に色素沈着を引き起こしてしまい、これによってシミができてしまいます。

 

新陳代謝が正常に行われなくなったり、機能が老化によってお取れてしまうと、メラニン色素をちゃんと排出しにくくなってしまうため、シミになってしまいやすくなるのです。年齢だけではなく、紫外線によって肌の機能が衰えてしまって、新陳代謝が正常に行われなくなってしまうことが原因になっていることもあります。

 

更に紫外線を浴びることによって、メラニン色素が更に作られるようになってしまい、更にシミが目立つようになってしまうこともあるのです。シミが濃くなればなるほど、解消するのは難しくなってしまいますので、早めに対処をしていかなくてはなりません。

 

日焼けをすることで病気になることも!

 

日焼けをしてしまうと皮膚がんを発症してしまうリスクが高くなってしまうというのは有名ですよね。皮膚が紫外線を浴びると、ビタミンDと言われる成分を作り出すことができるようになるのですが、紫外線を浴びると言っても5分ほど浴びるだけでも十分です。あまり強い紫外線を長時間浴びてしまうと、紫外線が細胞やDNAを壊してしまって、新しく作られる細胞に異常が生じやすくなります。

 

この異常がある細胞ががん細胞になってしまって、皮膚がんを引き起こしてしまうこともあるのです。他にも紫外線を浴びることで、免疫力が弱くなってしまったり白内障を引き起こしてしまうこともあります。

 

人間の体は新陳代謝が行われていて、細胞が壊れてしまっても新しく細胞が作られます。ですが、年令によって新陳代謝が弱くなってしまったり、一気に日焼けをしてしまうことで正常に細胞が作られなくなってしまいます。

 

女性の場合は、日焼けをしてしまうと美容に悪いということで紫外線対策をしているという人も多いですよね。若いころであれば日焼けをしたとしても、すぐに綺麗な細胞が作られて、あとに残らないのですが、年齢を重ねていくと新陳代謝も弱くなります。これによって肌がボロボロになってしまったり、肌の色にムラが生じてしまったりすることもあるのです。

 

日焼けをすると肌にどんな影響が出てしまうの?

 

日焼けをしてしばらくすると、いつもの肌の感触とは違って、ごわついた感触を感じたことはないでしょうか?肌というのは、日焼けをすることによって老化するスピードが早くなってしまうとされています。

 

表皮の奥には真皮と言われる部分があるのですが、この真皮には、肌に貼りをもたらしているエラスチンやコラーゲンが存在しています。しかし紫外線というのは、このエラスチンやコラーゲンを壊してしまうため、肌のハリが失われやすくなってしまって老化しやすくなってしまうのだそうです。此等の細胞が壊れてしまったら、肌細胞が新しく作られるようになるのですが、紫外線から体を守ろうと、これまで作られてきた肌細胞よりも頑丈になります。これによって、肌が固くなってしまってごわついた感触になってしまうのです。

 

例として挙げると、漁師さんというのは長時間紫外線が強い海上で漁をしていますよね。そのため、色黒い肌になっていて、肌も固くなってしまっているのです。

 

細胞というのは細胞膜によって覆われているのですが、酸素と紫外線が結びついて作り出される過酸化脂質によって壊されてしまいます。この過酸化脂質が肝臓で作られてしまったら肝硬変の原因にもなってしまいますし、血管内部で発生してしまうと動脈硬化を引き起こしてしまうこともあります。このように、過酸化脂質というのは、体のいたるところで問題を発生させてしまう厄介な存在になっているのです。肌細胞で過酸化脂質ができてしまうと、肌細胞の耐久力が下がってしまうだけではなく、弾力がない硬い肌になってしまって老化しやすくなってしまうのです。

 

髪の日焼け予防策を考えよう

 

髪のダメージについてほとんどが紫外線が原因であるという話を聞いたことがありますでしょうか。あまり知られていませんが美容院などで聞いたことがあるという方も多いと思います。カラーやパーマなどが髪を傷めると思っている方もいますが、ほとんどは紫外線が原因です。つまり、髪も日焼けして、それがダメージになるということになります。

 

露出している肌などは日焼け止めをつけているので安心しきっている方も多いですが、髪にも気を使う必要があります。しかし髪に日焼け止めを塗るということもできないのでどうすればいいのか、しっかりと対策法を把握しておきましょう。知っておくだけでもかなり今後の髪の状態も変わってくるはずです。

 

ちなみに、頭皮や髪が紫外線を受ける量は顔に比べると3倍以上にもなると言われています。それなのに髪や頭皮の紫外線対策をしているという方は少ないので、これを見たのでしたら今日からでも対策を考えましょう。

 

髪が日焼けをすることで何がおこるのかというところが気になるとは思います。まずキューティクルがはがれやすくなり、艶もなくなります。また柔軟性がなくなることで切れ毛や枝毛が増え、カラーも落ちやすくなります。もちろん抜け毛、薄毛、白髪にも繋がりますので注意が必要になります。つまり、髪の老化現象が進んでしまいますし、やはり髪というのは人の印象を大きく変えるので出来るだけいい状態を保っておきたいと思います。きちんと状態を維持できるように、しっかりと髪が日焼けしないように予防策を考えておく事が大切です。

 

内側から日焼けを予防>>> 日焼け止めサプリ@飲む日焼け止めならこれ

 

日焼け止め選びに困っているならこれをチェックしよう

 

日焼け止めを使って紫外線対策をするという方法が一番ポピュラーなのではないでしょうか?この日焼け止めでも、子供用もあれば大人用もありますし、顔用や体用、ローションタイプなどといった色々なものがあります。日焼け止めはたくさん市販されていて、どれを選ぶべきかわからないから、大きな数字になっているものをチョイスしているという人も多いのではないかと思います。

 

パッケージを見ると大体の場合、数字が記載されているのですが、この数字の意味について知らないという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

例えば、SPFといわれるアルファベットが書かれていますが、これは紫外線の一つであるUVBに対してどれくらいの効果があるのかを意味しています。皮膚にUVBを照射して、どれだけ赤くなってしまうまでの時間を引き延ばすことができるのかを表しているのがSPFです。

 

例としてあげると、SPF10と記載されているのであれば、本来であれば20分位で肌が赤くなってしまうのであれば、SPF10であれば10倍引き延ばすことができるようになるということになります。つまり20分の10倍、200分赤くなるまでの時間を伸ばすことが可能だということです。ちなみに、2000年にSPFの測定方法が変更されており、50を超えているのであれば、50+と記載されるように統一されました。

 

そして、この他にもPAというアルファベットが記されているのですが、このPAはUVAを照射した場合、どれくらいで肌が黒くなっていくのかを表しています。まずPA+というのは、UVA防止効果があるということを意味しており、PA++はUVA防止効果がかなりあります。そして、PA+++の場合は、UVAの防止効果がとてもあるということを意味にしているのです。

 

このような数値などをチェックして日焼け止めを選ぶことによって、紫外線対策をしやすくすることができるようになるでしょう。

 

服を着て紫外線対策をしているという人もいますが、紫外線というのは服を透過してしまいますので、紫外線対策として万全ではありません。ですので、長袖を着たりして肌の露出を抑えるだけではなく、UV対策が施されている日傘や防止などもセットにして使うようにした方がいいでしょう。この他にも最近は紫外線対策ができるとされている洗剤などもあります。このような洗剤で洋服の紫外線対策をするというのもいいかもしれません。

 

また、飲む日焼け止めとして、最近は日焼け防止 サプリが注目されています。塗り直しの手間もなく、日焼け止めの塗り忘れの心配もないので、面倒だなと紫外線対策をさぼっている人にはピッタリかもしれませんね。

更新履歴